お騒がせオバサンの心の声

日々の生活にあるあるリアル情報を発信しています。

お騒がせオバサンの心の声
Pocket
LINEで送る

産後、子育てに追われかうつ状態になり不安。産後うち20項目

2018年03月04日
Pocket
LINEで送る

産後、子育てに追われかうつ状態になり不安。産後うち20項目

産後うつになってしまう原因
何なんでしょう。





しかし、
わかったとして果たして

自分が産後うつなのか
どうかこちらの
20項目でチェックしてみましょう。

当てはまる数が多いほど可能性が高くなります。

1.気分が落ち込んでしまう、楽しいことをしても楽しいと思えず、常に気分が落ち込んでいる
2.気持ちの起伏が激しい
突然泣き出したりなど、感情のコントロールができない
3.家事などの段取りが出来ない
今まで出来ていたような家事もできない家事することも辛い
4.お洒落をしたいと思えない、
今の流行を知らない、興味もわかない
5.何か欲しいと思えない
欲しいものが何もない
6.何もかも興味をもてない
物事に対して興味や疑問などの感情がない
7.物事に頭が回らず対処が出来ない、
簡単なことも何をどうやっていい分からない
8.食欲がわかず、何を食べても美味しいと思えない
あれが食べたいという気持ちがない。味すらわからない
9.気分転換したいと思えない
ストレスがたまっていてもストレス発散をする気持ちがない
10.外出するのが辛い
外出することが面倒
11.人と会うのが苦痛
誰かと喋ることも苦痛

12.集中力が続かない集中力がない、細かい作業が出来ない

13.頭痛、倦怠感がある常に頭痛や体が重い状態、怠くて動くことが出来ない

14.便秘や下痢がある常に、便秘や下痢を繰り返している

15.眠れない眠いと身体は思うのですが寝つきが悪く夜中に何度も起きてしう

16.母親失格と思っている赤ちゃんのお世話が上手く出来ずに、母親としての自信がない。泣かれるとしんどくなる面倒になる

17.赤ちゃんの泣き声がこわい。泣き声にぴりぴりして泣いてもいないのに鳴き声が聞こえるような気がする

18.赤ちゃんのことがかわいいと思えない我が子がかわいいと思えず愛することができない

19.赤ちゃんに対して関心がもてない赤ちゃんの成長に驚いたり喜んだりが出来ない感情がない気がする

20.赤ちゃんがちょっとしたことにイライラする。泣き止まなかったりするとイライラして気持ちがイラつく

 

貴方のセルフチェックの結果はいかがでしたか?

ベビー・子供服通販キムラタンオンラインストア 無料会員登録で500ポイントプレゼント

産後、子育てに追われかうつ状態になり不安。産後うち20項目




なぜ?
産後うつを引き起こす5つの原因とは?

産後ママがうつ症状になってしまう原因として、
次の4つが考えられます。

 

ホルモンバランスの急激な変化
妊娠中は妊娠を継続させるために、
エストロゲンとプロゲステロンなどの
女性ホルモンが活発に分泌されています。

 

出産後はこれらの女性ホルモンの
分泌量が減り、
ホルモンバランスが
急激に変化するため、
心身ともに不安定な状態になり、
産後うつになりやすくなるのです。

 

生活スタイルの変化
産後ママの生活は、
「言葉の話せない赤ちゃんと24時間ずっと一緒」
という生活になります。

数時間毎に授乳が必要ですし
、生まれたばかりの赤ちゃんを
外に連れ出すことも出来ません。

 

どうしても家に引きこもりの
生活になってしまいます。

 

育児疲れだけじゃなく、
「赤ちゃんと二人だけ」という
“社会との結びつきが断たれたような孤独感”も
ママが不安になる要因の1つでしょう。

 

睡眠不足
赤ちゃんの世話をしていると
睡眠が十分にとれません。

 

特にはじめの1ヵ月くらいは
30分~3時間毎に母乳かミルクです。

 

普通の人であっても
このような睡眠不足は辛いことで、
心身にさまざまな悪影響を及ぼします。

 

産後体調が回復していないママであれば、
なおさら睡眠不足は
辛いでしょう。

 

家事や育児が思い通りにならない
最近は、ネットや雑誌などで育児に
関する情報が溢れていますから、
勉強熱心で、
家事も育児も完璧にこなそうとするママも多いです。

 

実際に体験してみると、
自分が思った通りには上手くいかず、
それが大きなストレスとなります。

特に、性格的に頑張り屋さんのママや、
完璧主義のママによるあるケースでしょう。

産後、子育てに追われかうつ状態になり不安。産後うち20項目

協力してくれる人が誰もいない
昔であればママの代わりに、
お祖母ちゃんやお祖父ちゃんが
育児を手伝ってくれたりしたものです。

 

核家族化が進んだ現代では
「家族の協力を得ること」
はとても難しくなっています。

 

ですので産後ママは心身とも
に不安定な状態の中、
睡眠不足になり、
たった一人で乗り切れならない。

それ故に
耐え切れずに
産後うつになってしまうようです。

 

産後うつにならないための8つの対策法
産後うつの原因が分かったところで、
産後うつを予防するためには
どうしたら良いのか、
その対策方法をご紹介します。

 

完璧なママを目指さないこと
家事も育児もパーフェクトを
目指して頑張ってしまうママほど、
産後うつになりやすい傾向にあります。

 

赤ちゃんは一人の人間ですから、
ママの思い通りにならないのは当然のこと。

 

「思い通りにならないのは当たり前」
という前提で考えるようにしましょう。

 

ママの一番の仕事は赤ちゃんのお世話ですから、
「家事は気が向いた時に」
くらいのおおらかな気持ちでいましょう。

 

手抜きできる部分は手抜きすること
料理を作るのが大変な時は、
お弁当や総菜にしたり、
デリバリーを注文したりして手抜きをしましょう。

 

赤ちゃんがいると、
家事で大変なのが
「買い物」です。

 

そこでオススメなのが、
生協などの食材宅配サービス。

 

スーパーよりも少々割高ですが、
安全性の高い食品を
玄関まで届けてくれます。

 

「食材・食事宅配サービス」の正しい選び方
このようなサービスを活用すれば
ママの家事負担が軽減されるので、
その分ストレスも小さくなると思います。

 

空いた時間は睡眠に使うこと
産後でなくとも、
睡眠不足になると精神的に
不安定になるもの。





産後はなおさら不安定になりやすいので、
産後うつを防ぐためには
睡眠時間の確保が必須です。

頑張り屋さんのママは、
日中「赤ちゃんが寝たら家事をしよう!」
と思ってしまいがちですが、
赤ちゃんと一緒に寝る事をオススメします。

 

家事や育児で効率化できる部分があれば、
できるだけ効率化するのもオススメ。

 

例えば家事であれば、
洗濯機を乾燥機付きにすることで、
洗濯物を干す手間がなくなります。

 

赤ちゃんのミルク作りに
ウォーターサーバーを利用するのも良いでしょう。

 

ウォーターサーバーについては
「赤ちゃん世帯向け
ウォーターサーバーを選ぶ6つの基準」
の記事が参考になるでしょう。

 

産後ヘルパーさんを検討してみる
「パパが全然手伝ってくれない!
頼れる人が誰もいない!」
という場合は、産後ヘルパーさんを
検討してみるのもオススメです。

 

「ヘルパーさんを雇う余裕はない!」
と言われそうですが、
自治体によっては名古屋市のように
格安料金で産後ヘルパー事業サービスを行っています。

 

パパに産後うつを理解してもらう
上で挙げた5つの対策方法は、
パパの「産後うつへの理解」
なしには難しいでしょう。

 

育児の悩みや不安は専門家に相談すること
ママにとって育児本や育児雑誌、
育児情報サイトなどは強い味方ですが、
一般論や平均値の内容が書かれているものです。

 

赤ちゃんによって個性がありますから、
その内容が、
あなたの赤ちゃんに当てはまるとは限りません。

 

何か育児について不安や心配があれば、
出産した病院の医師であったり、
各自治体の保健士さんに
相談するのもオススメ。

 

ママ友を作ること
産後ママはどうしても


孤独で引きこもりになりがちです。ラブラブエイリアン2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。