お騒がせオバサンの心の声

日々の生活にあるあるリアル情報を発信しています。

お騒がせオバサンの心の声
Pocket
LINEで送る

春の旬料理、美味しく食べる方法こっそり教えます。栄養ぎっしりの時期だ。

2018年03月14日
Pocket
LINEで送る

春の旬野菜のみずみずしさを食卓に

 

春の旬料理と言えば春キャベツやわらびといった春に美味しい食材をふんだんに使っている料理ですが、美味しく食べるとなると旬の食材を何も考えずに調理するだけではいけません。

そして調理された料理をそのまま口にする事も美味しく食べる方法とは言えません。

 

要するに春の旬料理を美味しく食べる方法は調理にこだわるか、それとも口にする直前にアレンジするかのどちらかとなります。


春が、とっても季節がわかる「わらび」

例えば山菜のわらびです。

 

わらびは春に収穫できる山菜の中でも最も採りやすいうえに人気がある事で広く知られています。

それに加えて煮物やお浸しなど様々な料理のメインとなる食材なので調理しやすいですが、そんなわらびを美味しくする有名な方法はあく抜きです。

 

わらびがあくが強いのでそのまま口にした場合は苦い味に苦しむどころの話ではありません。

新鮮なわらびであれば茹でて水にさらせば、あく抜きは完了します。

 

しかしちゃんとあく抜きをしたい場合は一工夫が必要です。

 

この場合はお湯に重曹を入れる事が挙げられます。

 

簡単なあく抜きよりもしっかりとあくが抜けるとネット上では評判です。

 

 

方法もまた難しい手順ではなく、沸騰したお湯に茶さじ1の重曹を入れた後にわらびを入れます。

 

その後10秒ほど数えたら火を止めて湯が冷えるまで待つだけです。

 

あとは好きな料理の具材に使うだけですが、口にする直前のアレンジとして挙げられる方法は主に調味料となります。

 

例を挙げるならわらびのお浸しです。

引用:https://cookpad.com/recipe/3083895

 

大抵の場合、わらびのお浸しはだし汁と塩あるいは醤油で調理されています。

 

そこに別の調味料を加えるわけですが一番美味しくなる調味料としてマヨネーズは外せません。

 

どんな料理や食材にも合うマヨネーズはわらびでも同様で、和風の味付けがされたお浸しに加えると洋風の味付けに様変わりします。

ただし多く加えるとわらびの味が損なう事と体に悪影響を与える可能性が高くなる事があるので要注意です。

 

これらを踏まえるとこだわるなら調理、手軽に済ませたいならアレンジになります。

 

圧倒的に後者が楽ですが手段が限られてしまう点が最大のデメリットです。

 

春の順料理の1つである山菜の天ぷらでは味付けとして塩や醤油などをつけられますが、春の魚であるさわらのしょうが焼きといったアレンジが加えられない料理になってしまうと味付けできる調味料は最悪ありません。

 

 

つまるところ美味しく食べる方法は料理次第というわけです。

 

実際に調理次第で美味しさが変わる食材があります。


春といえば「新玉ねぎ」美味しい食べ方はこれだ

春を代表する野菜の新玉ねぎはスープや炒め物などわらびのように様々な料理に用いる事が出来る食材です。

しかし同じ食材でも料理によって味や食感が異なる事は多々あります。

 

新玉ねぎならコンソメをダシに使ったスープのメインにした場合は熱によって甘くなりますが、和え物にした新玉ねぎはほとんど食べやすいようにスライスされているので柔らかくなっているスープとは違って歯応えがある食感です。

 

また辛味を抜く事と食感のために水にさらす事がありますが手を抜いてしまうと辛くて食べる事が大変な事もあります。

 

こればかりは片方が優れているという話ではありません。




春の旬料理、美味しく食べる方法こっそり教えます。栄養ぎっしりの時期だ。
・・・まとめ・・・・

ひとえに個人の好みによって左右される話でもあり、美味しくするための方法として様々な面を引き出す事ができるという話です。

 

しかしあえて言うならシンプルな調理法ほど食材を美味しくさせる方法はありません。

 

先述した新玉ねぎのメニューも当てはまりますが塩と白いりごまさえあれば出来てしまう菜の花ナムルやマヨネーズと牛乳、和辛子をキャベツに加えるだけの春キャベツの塩マヨサラダなどは旬の美味しさを堪能するには打ってつけです。

 

旬の料理は食材を生かしてこそ季節を掲げる意味があります。

 

実際に外に出て春の空気に触れてみてはいかがですか?









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。