お騒がせオバサンの心の声

日々の生活にあるあるリアル情報を発信しています。

お騒がせオバサンの心の声
Pocket
LINEで送る

菜の花と言えばちらし寿司を思い出す。ありきたりと思うけれど美味しい作り方伝授します。

2018年03月16日
Pocket
LINEで送る

菜の花のちらしずしの作り方は普通のちらしずしを作る要領で酢飯を作っていきます。

菜の花と言えばちらし寿司を思い出す。ありきたりと思うけれど美味しい作り方伝授します。

シイタケやニンジンレンコンなどを入れてください。

出典recipe.rakuten.co.jp

酢飯が出来上がればじゃこを酢で洗い、菜の花の葉先を摘んで塩茹でにして冷水にとっておきます。

 

卵にみりんを加えて油を熱した鍋で半熟状にいり、冷ましておきます。

 

酢飯に冷ましたいり卵とじゃこを入れれば出来上がりです。


菜の花と言えばちらし寿司を思い出す。ありきたりと思うけれど美味しい作り方伝授します。

ちらしずしの和え物には分葱とあさりのからし酢味噌和えを作りましょう。

 

分葱とあさりのむき身、油揚げ・酒・粉がらし・みそ・砂糖・酢を用意します。

 

分葱を切って塩少々を入れ熱湯でゆでて、ざるに広げ冷ましておきます。

 

分葱が冷めたくなれば酢を振りかけ手でもんでぬめりを取ります。

 

油揚げは網に乗せて両面をこんがりと焼いて短冊に切っておきます。

 

あさりは薄い塩水で振り洗いを行って、水けをよく切り鍋に入れ酒を加えて強めの火で身がぷくっと膨らむまで煮て冷めるまでおいてから汁けをきります。

粉がらしは湯でといて味噌・砂糖・酢の順番で加えていき、からし酢味噌を作ります。

 

からし酢味噌のほかにすまし汁を作れば、大変に美味しいセット料理になります。

 

だしのうまみを含んだ麩と豆腐がおいしいすまし汁を作ってください。

 

だしを温めて塩と醤油で味を調えて、それに豆腐を入れて煮立つ直前に火を止め器に板麩を入れて熱い汁を入れて三つ葉をのせます。

 

板麩がなければ手に入る麩を使って作りましょう。

 

麩は大豆と同じ植物性タンパク質に富んでいる食品として、最も使いたい食品です。

 

板麩は細切りのタイプを選ぶと戻す必要がありませんのでお手軽になります。

菜の花と言えばちらし寿司を思い出す。ありきたりと思うけれど美味しい作り方伝授します。





春の旬の食材の菜の花を使用したちらしずしと、それにそえる和え物やすまし汁を追加して作ることで食卓も春らしい華やいだ雰囲気が出てきます。

菜の花や分葱、あさりなどの食材を使用することでメインのちらしずしを美味しく食べることができます。

 

特に菜の花は春の順料理の食材として、とっておきの逸品を作る材料になります。

 

菜の花を多く購入しすぎた場合は即席の漬物にして春を楽しんでください。

 

菜の花を塩少々を加えた熱湯でさっとゆで、色が鮮やかになれば冷水にとって冷まして水けをしっかりと取っておきます。

 

これにあら塩を振って全体にまぶして唐辛子とこぶを散らしてラップをかぶせ重しをのせておけば、二・三時間後には美味しい漬物を食べることができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。