ママステーション

子育てを中心として様々な役に立つ情報を発信していきます

ママステーション
Pocket
LINEで送る

赤ちゃんのようなプルプルお肌でいるための簡単な2つのお手入れ方法

2017年05月30日
Pocket
LINEで送る

「赤ちゃんの肌ってつるつるぷるぷる肌」ですよね!

最近の子供は幼い時から、アトピーのような、カサカサの肌をしている子供が増えています( ̄◇ ̄;)

原因は、様々です。

こどもの肌って大人よりもデリケートって知っていましたか(。´д`。)は?

私達大人よりも、水分量も皮脂量も少なくとてもデリケートです。

ママのお腹から生まれた瞬間

「紫外線」「雑菌」「乾燥」にされされます。

お腹の中にいるときは、ママから守られていたんですよね。

 

年齢とともに、更に肌の乾燥も進みます。

「日焼け止めも忘れずにしてから、お散歩に行くことをお勧めします。」

だって、ベビーカーは高さがなく道路から反射された熱などでお肌はぼろぼろになります。

生後一ヶ月は、「ぷるぷる肌」だったのに、あっという間に「かさかさ」になってしまいます。

 


私の子どもも「アトピー」と言われていました。いろんなことを試しました。

食べ物に気をつけたり、部屋の掃除をこまめにしていましたが、なんと・・(゜Д゜)

海につれていくと治ると聞き「海に子供を連れて行きました」私の子どもの場合は、なんと!!!

この方法で、たまたま偶然でしょうか?!「アトピー」が治ったのです(゜Д゜)

子どもにも様々な体質があるようです。

 

しかし、保湿するのが一番良いとわかりました。

汗をかいたらすぐ洗い流し!保湿!保湿!

洗い流すことが出来ないときは、柔らかいガーゼで汗を拭き保湿!

幼い内に「基礎肌」を、作ると後が楽です。

毎日、スキンケアをすると良いことがあります。

  • スキンシップで子供がママと触れ合うことにより情緒の安定が育まれます。
  • 生まれてからすぐからのケアで肌のトラブルが少なくなります。
  • 大人になっても、極めの細かい肌になります。

スキンケア商品は、沢山あります。

子どもの事を考えまずはお試しから始めてくださいね。

 



 

ステップ①

きれいに洗う

すすぎをしっかりしましょう

顔も毎日洗いましょう

優しく手で洗いましょう

ステップ②

洗うたびにスキンケアをしましょう

 

 

かさついている場所は、少し多めに保湿をしましょう

我が家の方法です。

産後ママは、栄養も母乳で取られお肌にまで栄養が回ってきません

ホルモンのバランスも変化しています。

より敏感になっています。

オムツを替えたり、母乳を与えるたびに手を洗うことになります。

その度の保湿も忘れずにして欲しいですね。

ママの手が、ガサガサしていると触られても子どもは心地よくありません。

============================================

赤ちゃんの標準的な肌は

  • 大人の水分量の半分以下で乾燥しやすい
  • 皮膚が薄くて雑菌に弱い(バリア機能が未発達)
  • 汗を頻繁にかきます(寝返りが出来ないこともなど時に背中は要注意)その為、自分の汗で刺激を受けます

============================================

バリア機能が低下しているときに、アレルゲン反応をおこし「アトピー性皮膚炎」に、なる可能性もあるようです。

結論から言うと、「保湿」「保湿」「肌はこまめに清潔に」

大人にも言えますね。

私も「アトピー」ですが、保湿をしているおかげで見た目は「アトピー」見えません。

我が子も「アトピー」が、治りました。

 

育児に追われて自分の事も出来ないママ(>_<)

子どもへのスキンケア忘れないでいてね。

*特にこの時期、紫外線が強く肌も危険にさらされています。

 

 

大人だけではなく、子ども(赤ちゃん)にも気をつけてあげて欲しいです。

汗をかいたら今の時期は、簡単に沐浴だけでもOKですよメメメΣ(●´д`●)メチャカワァー







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。