ママステーション

子育てを中心として様々な役に立つ情報を発信していきます

ママステーション
Pocket
LINEで送る

仕事も子育ても疲れた上に、家事をするなんて無理。手抜きの仕方5つ

2017年09月16日 [ 子育て 家事 疲れた ]
Pocket
LINEで送る

仕事も子育ても疲れた上に、家事をするなんて無理。手抜きの仕方5つ

私も、いつもいつも

笑顔でいられるわけではありません。

 

長男5歳、次男2歳の時、

元々フルタイムで働いていました。

 




 

最初の頃は、

頑張ればなんとかできる!

と自分に言い聞かせてたので

意気込みだけは十分ありました。

 

しかし、育児、家事、仕事などなど、

何をしてもイライラするように

なってしまいました。

 

イライラが子供に向きそうになる時期もあり、

それを抑えるのに、

また大きなストレスが・・・

 

何かの折に隣のおばさんに愚痴った時に、

意外な答えが返ってきました。

 

 

「いいんじゃない?

 お母さんにだって感情があるんだから。

 それをむき出しにしたって子供は大丈夫だよ。

 お母さんはいつもニコニコしてる

 天使でも菩薩でもないのだから」

 

その一言で肩の力がすっと抜けました。

 

それまでは子供に、

自分がイライラしてる事が伝わらないよう、

必要以上に怒らないでおこう!

と気を張っていました。

 

しかし、自分の意識では抑制できず

ついつい怒鳴ってしまう事もありました。

 

でも、おばさんの言葉で

「ふ~と」気持ちが穏やかになったのです。

 

それからは、感情的に怒ってしまった時、

子供に「ごめん」と謝るようにしました。

 

子供同士が、大喧嘩をしていても

止めることなく危なくない限りは

成長の過程だと思って見守る事にしました。

(家具が壊れる!壁に穴が!などなど、

 内心はヒヤヒヤしていました)

 




 

仕事も子育ても疲れた上に、家事をするなんて無理。手抜きの仕方5つ

「なんで私だけが家事も育児も

 全部しなくちゃいけないの?」

 

□疲れた!
□子育ても面倒!
□仕事も辞めたい!
□イライライライラ!
□もう限界っ!

 

日常は、毎日嵐のように過ぎていきます。

本当に一生懸命、頑張っているのに、

何1つ完璧に出来ない自分を

責めてばかりいました(>_<)

 

息つく暇もなく

毎日バタバタで疲れ果ててしまう。

 

イライラ、不安、悩み、専業主婦への憧れ。

 

この先やっていけるのかなと

不安に思われている方の

参考になれば良いなぁと思い、

私が、ハードだった時代を思い出して、

どう乗り越えてきたのか

振り返ってみました。

 

ますは、1日のスケジュール見直しから始めました。

1:夕方の子供の格闘(静観する)

2:家事分担(子供にもさせる)

   出来ることから自立を促す

3:家事は基本、なんでも時短か

      手抜きでもいいと思うこと

4:子供との関わり方の見直し

5:周りのサポート・シッターさん

    (家事も含め)の利用

 

忙しい中でも、とことん子供達に

寄り添って一緒にやってきました。

 

ちなみに以下のスケジュールが、

私の1日のスケジュールです。

 

1日のスケジュール
  6:00  わたし起床
  6:10  支度、朝ごはん
  7:00  子供起床、支度、朝ごはん
  8:00  保育園送り、出勤
18:30  退勤
18:40  保育園迎え、帰宅
19:30  夕食
20:00  片付け

 

この後に、お風呂、洗濯、

翌日の保育園の準備、

遊び、片づけ、寝かしつけなどなど。

 

22:30 ストレッチタイム(入浴)
  0:00 就寝

 

だいたい、こんな感じで

1日を過ごしていました。

 




ま・・そういっても

スケジュール通りにいかないのが通常。

 

子供は生き物で、

時には、とんでもない行動をしでかし、

子育てが嫌になることもしばしばあります。

 

実際、子育てしながらの家事は、

ビックリするぐらい はかどりません…。

 

「もぉ~!なんで邪魔するの!」

って叫びたくなるのは日常茶飯事。

 

本当に大変です。

 

全て自分1人でやらなくちゃいけないから

「余裕」なんてものはありません。

 

常に鬼の形相だったような気がします。

(確かに、眉間のしわが深くなっています)

 

仕事も子育ても疲れた上に、家事をするなんて無理。手抜きの仕方5つ

夕方は子供と時間との戦争

会社を出た時から戦争は始まります。

バタバタと会社を出て自転車で帰宅。

育休から復帰したママ達も

ほとんど同じような感じでした。

 

早着替え、速足は基本ですね。

 

あの頃は、何度も何度も、

瞬間移動できたらいいのに!

と思ってました。

「ドラえもんのどこでもドア欲しい!」

 

何度願ったことが・・・。

この願いは今でもあります(^_^)

 

その後、保育園にお迎えに行き

帰宅するのですが、

すんなりと帰れることは、

ほぼありません。

 

仕事で疲れているのに、

子供もわがままを言って聞かない

 

もう本当に「子供なんて産まなければ」

って何度、思ったコトやら。

 

そして、お家に帰っても

バタバタは続きます。

 

夕飯の支度をしながらお風呂を洗って、

子供の遊びに付き合いながら

洗濯物をたたんだり。

 

夕飯の時間になっても

子供が遊びに夢中で

なかなかご飯を食べてくれなかったり。

 

さらには追い討ちをかけるように、

「ご飯がまずい」と文句言われたり

 

そして、ご飯を食べるのかと思えば、

いろんな物をひっくり返してこぼしたり。

 

子供が泣いて、

これはイヤだ、あれもイヤだ、

あれがほしい、これがほしい、

なんていう姿を見ては

イライラしてばかりいました。

 

「ドッカーン」

と爆発するようにイライラする時と

「プチ」

と何かが切れるようにイライラする時と

半々で過ごしていました。

 

当時の私は毎日が、

いっぱいいっぱいでした。

 

 

休みの日は朝起きて、

朝ごはん、お散歩、お昼寝、お風呂、

などなど。

 

自分が疲れている時、

協力してくれる人には本当に感謝しました。

 

家事は基本、なんでも時短でした!

 

平日にスーパーに行く暇は全くありません。

なので週末に、車でまとめ買い。

 

時々、これで良いのかと

子供への影響を考えてしまいますが、

それよりも時間とお金の節約をしないと

生活そのものができないので、

仕方ないと割り切るしかありませんでした。

 

仕事も子育ても疲れた上に、家事をするなんて無理。手抜きの仕方5つ

保育園に預ける

 

「0歳から保育園に預けるなんてかわいそう」

「3歳まではママと過ごすべき!」

 

世間では、まだまだ保育園に預ける事に

反対をする人がたくさんいます。

 

いろいろな考えがあるのが当然ですね。

私も、いつも不安で悩んでいました。

 

でも、シングルだった私は、

私が働かないと家族が生きていけない。

 

だから何を言われても、

子供を預けるしかありませんでした。

 

では保育園に0歳から預けると、

どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

これはあくまで今の私の考えですが、

子供の人格形成期に、

保育園に預けられているとか、

親が共働きでいないとかは

関係ないと思います。

 

■ 決して働き方は関係ない 
1.どう子供に愛情をつたえられているか
2.子供と一緒にいる時間をどう過ごすか
3.これが1番大切なことだって気づく

 

保育園に通っているからとか、

幼稚園に通っているからとか、

そんなことで子供の人格が

どうこうなるって話は本当にくだらない。

 

どんな環境でも親の100%の愛情があれば

子供はスクスク育ちます。

 

もしも、いろんな意見に振り回されて

不安になっていたり、

いつも悩んでばかりの方がいらっしゃれば、

子供には必ず伝わってしまうので、

胸をはって保育園に預けましょう。

 

自信をもって下さい!

あなたの選択は間違っていません。

 

毎日がバタバタで後ろめたさを

感じる気持ちも良くわかります。

 

でも大丈夫!

私も最初は不安でいっぱいでした。

 

でも毎日、子供が笑顔で

過ごしている姿を見て、

お家に帰って嬉しそうに

先生やお友達の話をする姿を見て、

自分の選択は間違っていなかったんだと

思えるようになりました。

 

仕事も子育ても疲れた上に、家事をするなんて無理。手抜きの仕方5つ

子供との関わり方

 

私が働く時に1つだけ

決めていたことがあります。

 

それは、どんなに忙しくて

時間がなくても子供の変化を

見逃さないようにするってこと。

 

「ちゃんと子供を見る」

ということに、

何気にこだわりをもっています。

 

だから、保育園から帰宅して

寝るまでの間に必ず子供と

スキンシップ(遊びながら)

することにしていました。

 

5分でも10分でも

ママと子供の時間を精一杯過ごす。

 

一生懸命子供と遊ぶ。

「あなたのこと、とっても愛している。

 大好き。」

ってことを体と言葉で必ず毎日伝える。

 

特に、感情は口に出して

必ず伝えていました。

 

どんなに忙しくても、

どんなにイライラしていても、

これだけは今でも守っています。

 

子供と接する時間がない場合に

1番怖いのは「変化」を見逃すこと

ではないでしょうか?

 

最初のうちは、保育園という

慣れない場所での生活に

子供自身が疲れてしまうのです。

 

保育園に入園して4月~6月頃までは、

なんだかんだで保育園から

呼び出しがありました。

 

集団生活なので、いろんなウィルスを

貰ってくる事もあります。

 

子供が保育園で

体調不良になった場合は、

保育園送り→仕事→呼び出し

早退→保育園→小児科というサイクル。

 

ただ我が家の場合、

身内が誰もいないので頼れる人がいません。

 

子供が病気になると

必ず私がお迎えにいかなくてはいけない環境。

 

毎回、私が仕事を早退して

お迎えにいくことになりますが、

無理と分かったので

友人やシッターさんを頼みました。

 

誰にも頼れない辛さ、

職場に迷惑をかけているという辛さ、

いろんな辛さが重なります。

 

しかも子供の病気って

1日で「はい、完治!」

ってことはないですから、

仕事を何日も休むことになります。

 

自分がダウンした場合、

子供が病気になると、

結構な頻度で私に移ります。

 

そうなると私は

子供の看病で100%つきっきり!

 

接触が多いので、

その分感染しやすい状態になっていました。

 

「あれ?わたしってこんなに弱かったっけ?」

と思うほどです。

 

それもそのはず。

 

毎日時間に追われながら

仕事と子育てと家事を全部するって、

相当体力がないとムリです。

 

信じられないほど思い切り疲れます。

 

疲れがとれない状態で、

日々過ごしているので

免疫力も低下しています!

 

友人のサポート、

シッターさんのサポート、

育児が楽しいと思う余裕が

なくなっている時は、

育児ノイローゼの一歩手前かもしれません。

 

あなたのまわりに

サポートしてくれる人はいますか?

 

少しの時間でも、いざという時に

助けてくれる人がいると思うと

心強いですね。

 

思わぬ出会いがあって、

子育てが今より楽になるかもしれません。

 

仕事も子育ても疲れた上に、家事をするなんて無理。手抜きの仕方5つ

まとめ

 

シングル時代を思い出して、

どう乗り越えてきたのか?

 

結果3つの事がわかりました。

 

・完璧を求めない

 (ホコリで人は死なない)

・家事は出来る限り時短する

・忙しくても子供と向き合う時間を

 最低5分はつくる

 

もう本当にこれだけですね。

 

特に、全てに完璧を求めてしまうと

すぐにストレスがたまります。

 

掃除ができなくても

「まっいっか!今は子供と遊ぼう」

と切替えてください。

 

少々、ホコリっぽくても大丈夫です!

死にはしません。

 

ゴミ屋敷にはしないでくださいね。

子供が、お友達呼べなくなりますので・・

 

いっぱいいっぱいになって

泣きたいときには泣きましょう。

 

息つく暇もなく毎日頑張っているあなたを

誰もほめてはくれないかもしれませんが、

子供は見ていないようで

キチンと見ていますよ。

 

しかし、泣きたいときは

思い切り泣き「泣き枯らす」

っていい言葉ですよね(笑)

 

なにかひとつでも

自分の肩の力を抜くことのできる

「救いになる」あるいは「助けになる」言葉を

見つけてみて下さい。

 

信じる言葉があるだけで、

心が強くなれます。

 

私もたくさんの言葉に救われてきました。

言葉には魂が宿ります。

 

きっと素敵な言葉の数々が、

あなたの魂を磨いて育ててくれます。

 

最後まで読んでくれた

あなたの心が少しでも軽くなれば

そんなに嬉しい事はありません。

 

どうもありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。