お騒がせオバサンの心の声

日々の生活にあるあるリアル情報を発信しています。

お騒がせオバサンの心の声
Pocket
LINEで送る

夫と私の価値観が合わない。考え方次第で人生感が変わる夫婦のあり方

2018年06月14日
Pocket
LINEで送る

「おーい!今日の焼きうどんの味付けはどうする?醤油かソースかどっちが良い?」

 

「あーー今日は、お醤油♬」

 

有る夜の日の夫婦の会話

このようになるには30年もの月日が流れました。



夫と私の価値観が合わない。考え方次第で人生感が変わる夫婦のあり方

出会いから別れそして再会

 

どちらかというと私が今の主人に「一目惚れ」

 

主人は「変わった奴」初対面はそう思ったそうです。(のちに聞いたのですが・・)

 

職場が一緒で知り合いました。

 

 

彼の転勤が決まっていて焦った私は「これどうするのですか?これは?」質問攻めし自分をアピールすることに日々追われていいた様な記憶が・・・

 

 

まーとにかく「縁」があり、しばらく付き合うことになりました。

 

 

しかし、外見と違い「頑固」のんびりやの私には「合わない」そう思いこんでしまったのです。

 

考え方の違いで一度は別れました。

 

6年の再月が経ち「元彼の噂話」を聞き地元に戻ってきている?!

 

別れてからも気になる存在でした。

 

この時点で、私には1才と3才の子どもがいました。

 

元旦那はDV(T_T)

 

毎日、殴る蹴る罵倒をあびる

私にはそれが普通のことでDVとは知りませんでした。

 

「私が悪いから殴られる。」

 

「私が悪いから帰って来ない。」

 

「私が悪いから怒られる。」

 

「子どもが言うことを聞かないから、私のしつけができてないからののしられる。」

 

日常的になっていたこの生活

 

価値観の違いが毎日重くのしかかっていました。

 

しかし、その価値観の違いすらわからない状態になり「私が悪いから・・・」この思いが当たり前の様に感じ周りの声を聞くこともなかった。

 

 

元彼が帰ってきた噂を聞き連絡を・・・

 

「君のその生活おかしいと思わないか?」

 

「え・・・」

 

「私が悪いから仕方ないもん」

 

夫婦とは他人にどう見られていても関係ない!

 

夫と私の価値観が合わない。考え方次第で人生感が変わる夫婦のあり方




ある日、元DV主人が年上の彼女を連れてきて「出て行け!」

 

「?????」

 

「お前はもう必要ないから子どもを連れて出て行け!」

 

「はい・・」

 

恐いからと言うより「私が悪いから出されるのだ」「何をしたのだろう・・?」

 

自問自答しましたが回答はでず。

荷物をまとめ子どもを連れて家をでました。

 

友人の力を借り何とか生活の基盤はでき慌ただしい生活を送っていた矢先「!」

 

その時、元彼が言った言葉が蘇り「このことを言っていた」初めて感じました。

 

DVであろうと無かろうと、価値観が違う男女が生活を共にするには忍耐と試練が待ち受けてます。

 

元彼と再婚し、DVは無かったのですが、気持ちや考えの違いに戸惑うこともしばしばあります。

 

 

「頑固」この性格は変わってないのですが、「待つ」「許す」「耐える」この3つを持ち合せてる主人

 

夫と私の価値観が合わない。考え方次第で人生感が変わる夫婦のあり方

夫と価値観が合わないって悩んだこともありましたが、いつの間にか気にならなくなりました。

 

 

お互いの考え方はそのままなのに、なぜ穏やかな気持ちで夫に接する事が出来るのか?

 

 

妻の夫への心の持ち様を変える事で、随分気が楽になります。

 

夫と「価値観があわない」と悩んでいる妻の本音は「もっと幸せになりたい」だと思います。

 

 

今以上の幸せって何でしょう。

 

 

我が家は趣味や生活スタイルなどは全く好みが合わないのですが、大きな部分でのすり合わせが何とか出来ていたので、乗り越えてこれました。

 

 

子どもが巣立ち夫婦二人の生活が始まりました。

 

 

意外と夫婦二人になってしまうと喧嘩は無くなりました。

 

忙しく働く私に代わり、家事も率先してしてくれるようになりました。

 

 

今までの十数年は、何だったのだろう?!

 

 

お互いの価値観の違いを見つつゆづり合う姿勢や気持ちも大切だったと、今更ながら気がついたこの頃です。

 

 

そう、「もっと価値観が合った人と結婚してたら、私はもっと幸せになっていたはず!」だと思うのです。

 

しかし、DV元主人と価値観が一緒だったらどのような生活を送っていたか知る必要も無く今を大事に生きる。

 

 

この数十年、夫婦の価値観の違いが多々ありましたが大きな喧嘩は3度だけ

 

 

些細な喧嘩「女性は、何でも無いことをしつこく覚えている」イライラすると思い出し爆発<(_ _)>

 

 

確かに世の中には同じ趣味を一緒に楽しんでいるご夫婦もいらっしゃいますが、それ以外の部分では合ってない可能性も高いはずです。

 



 

まとめ・・・

考え方で夫婦の在り方は変わります。

 

 

自分だけと思い込まないこと。

 

 

夫婦としても人としてもお互い尊敬し合えるなかでいて欲しいものです。

 

離婚は簡単のようですが、後が大変!

 

3倍の努力・気力が必要になります。

 

お互い違う趣味であっても、認める気持ちがあれば夫婦関係は変わります。

 

試してみても良いではと感じます。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。