お騒がせオバサンの心の声

日々の生活にあるあるリアル情報を発信しています。

お騒がせオバサンの心の声
Pocket
LINEで送る

子供をダメにする「甘えさせる」と「甘やかし」の違い

2018年02月23日
Pocket
LINEで送る

子供の心は、「依存」「自立」を行ったり来たりしながら、 成長していくと言われています。

子供をダメにする「甘えさせる」と「甘やかし」の違い

毎日、毎日・・はてしなくつづく格闘の日々

 

「あのお母さん怒りすぎてない?!」

 

「あなたは、怒りすぎてない?少し考えて怒ったら!」

 

周りは、簡単に言いますよね。

 

母親のお腹の中からこの世に生まれてきたとき、赤ちゃんは生活全てをお母さんに「依存」します。

だって、何もできないんだもの。

 

お腹がすけばオッパイがもらえ、オムツが濡れて泣けば、取り替えてもらえる。

その状況は子供の心を安心させるとともに、親に甘えている状態であるとも言えます。

 

子供はこの「安心「甘え」の中で成長します。



子供をダメにする「甘えさせる」と「甘やかし」の違い

自立に向かう必要な甘え

親からすれば、まだまだ一人ではできないのに、

自分でスプーンを持ってご飯を食べようとする。

 

服の着替えに手を貸せば、「自分でする!」

 

親の援助を断る時期がありますね。

 

自立への一歩を踏み出しているのです。

子供の心はくるくる螺旋

描くように自立していく感じです。

 

子供が甘えてきた時は、しっかり甘えさせてあげてください。

 

子育てママが人生の中で

 

最も怒る時期は、わずか数年ですメラメラ

 

時々いますよね。

 

おもちゃ売り場の前で大泣きをしている子

 

この時、親がどうするか子どもは試しています。

 

子供がお菓子やおもちゃなどを買うことを要求してくるとき、つまり物質的、金銭的なことが絡んでくるとき、これを全て聞き入れてくれる人は「甘やかし」です。

 

このようなときは、私は「今日はお菓子は買わないって約束したでしょう」と事前に交わした約束を確認します。

 

 

「おもちゃはお誕生日に買ってあげるわね」と新しい約束をするようにしています。

 

親が節度ある行動を取れば子どもも自ずと理解をします。

 

これは、中学生になっても高校生になっても同じだと思います。

 

 

●人は、ゆっくりと眠る

 

●落ち着いてご飯を食べる

 

●のんびりとお風呂に入る

 

 

「甘え」、「甘やかし」からストレスからリセットさせたり、回避させたりします。



子供をダメにする「甘えさせる」と「甘やかし」の違い

 

でも、子どもが小さいからといって

 

 

全てできなくなる理由はありません。

 

だから、無性にイライラむかっするのです。

 

この気持ちごく普通なのです。

そこで、

あまりにも怒りすぎたときは、

 

「ゴメン、ママが言いすぎたね」

 

と謝りましょう。

 

 

ママが誤ると、子どもは世の中には

 

謝る=謝らなければ」ならない

という行為(理由)があると知ります。

 

 

人生でとっても大切なことを

 

身をもって教えられます(*^▽^*)

 

日々、有痛なママ

 

悩んでいるのは一人ではありませんよ(ノ´▽`)ノ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。