お騒がせオバサンの心の声

日々の生活にあるあるリアル情報を発信しています。

お騒がせオバサンの心の声
Pocket
LINEで送る

怒鳴る・叩く毎日育児疲れでイライラ!笑顔で過ごす子育て教えて!

2018年02月15日
Pocket
LINEで送る

育児って、いざやってみると想像以上に大変です。

 

数秒先の行動が全然予測できない子供とずっと一緒に過ごす生活は、いつも神経がピリピリ!

 

思わず感情が噴火のように噴き出して、子供を怒鳴ったり叩いてしまうことで悩んでいるママも多いと思います。

 

育児でイライラするのは「悪い感情」ではない

 

誰だって、イライラして子供にきつく当たってしまうと、「何でこんなにイライラしてしまうんだろう。私は、母親として最低な人間」と落ち込んでしまいますよね。

 

でも、子育てにはイライラはつきもの(>_<)

 

あせないことが一番!

 

人と比べない。

 

自分は自分。

 

なんてこと今は言っていますが、3人の子どもを育ててるときは気持ちの余裕すらありませんでした。

怒鳴る・叩く毎日育児疲れでイライラ!笑顔で過ごす子育て教えて!

イライラすること=悪い感情

 

そう思っていませんか?

 

脳の仕組みから言うと、感情にいいも悪いもそもそもないのです。感情は、「生理現象」です。

 

何かの出来事がきっかけで、「反射的に出る」のが感情!

 

それを、うまく能が処理できず感情的になり、つい手を上げたり怒鳴ったりします。

 

 

イライラすると感じたのであれば、イライラの元になっている出来事を一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

何でもないことで、勝手にイライラし爆発しているときもあります。

 

何にイライラしているか原因を見つけ解決するように意識を向けてみます。

 

 

子供が何かイタズラや悪さをして、叩いたり怒鳴ったりするのはどんな時でしょうか。

 

ほとんどの場合、何度言っても聞かないからカッとなってしまったというのが親の勝手な理由です。

 

感情的になってそれを子供にぶつけても、何も解決はしません。

 

いいこともありません。

怒鳴る・叩く毎日育児疲れでイライラ!笑顔で過ごす子育て教えて!

しつけと証し、叩いたり怒鳴ったりして力で抑え込むのは違います。

 

子どもにも人格はあります。

 

体罰や虐待は、子供に対して深刻な精神的被害を与えることになります。

 

日本ではまだ、欧米ほどではありませんが体罰と称し子どもを叩くと逮捕されることもあります。

 

あなたも時々街で、子供を叩いたり怒鳴りつけている親を目の当たりにすることはありませんか。

 

スーパーやショッピングセンターで、子供を怒鳴りつけている母親はよく見かけます。

 

電車の中で、自分は携帯で遊んでいても子どもがぐずると足で蹴ったり、大きな声で怒鳴ったりため息をついたり・・・・

 

最近の、親は子どもが子どもを産んで育てているような感じですね!

 

決して悪い事ではありません。

 

少し、冷静に子どもの様子を見て欲しいなと感じます。

怒鳴る・叩く毎日育児疲れでイライラ!笑顔で過ごす子育て教えて!

親はカッとなって感情を子供にぶつけているだけで、しつけになるどころか逆効果になります。

 

子供にとってはそれがトラウマになり、親の愛情を疑ったり、親を愛さなくなる場合も良くあります。

 

 

負の連鎖!?怒鳴り続けられると健やかな精神は育たない!

 

自分も叩かれたり怒鳴られたりして育ったのだから、自分も子供にそうするべきと考えるようになります。

 

実際に、そういうことは日々あります。

 

叩くのはしつけ、怒鳴るのもしつけで育ってしまう!

 

その行為を正当化して子供にも同じことをして負の連鎖を繰り返します。

 

負の連鎖を断ち切ろう!

 

子どもと向き合う時間を、必ず作ること。

 

今、何故怒鳴っていて、子どもに手を上げたのか考える時間は持ってください。

 

イライラする理由も分るようになります。

 

子どもの気持ちが分る親になれます。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。