お騒がせオバサンの心の声

日々の生活にあるあるリアル情報を発信しています。

お騒がせオバサンの心の声
Pocket
LINEで送る

子育てにイライラするママと全くイライラしないママの違い3つ

2018年02月21日
Pocket
LINEで送る

子育てをしているとイライラしてしまうことって良くありますよね!

あなたはお子さんに、つい

「何回言ったらわかるの!!」
「これ以上言うこと聞かなかったら、叩くよ!!」

そんな風に怒鳴ってしまった事ないですか?

 

「俺は足が速いねん」というわが子に
「速いって何秒なのよ!13秒台は早くないわよ!」って子どもの心を折ったり。

 

何かをやろうとすると「まだ子供だから無理」

 

後先考えずに行動しようとすると「絶対失敗するよ。こうやりなさい」と、命令したり・・・




子育てにイライラするママと全くイライラしないママの違い3つ

1.イライラの原因とは?

 

・子供が片づけをしない?

 

・子供が宿題をしない?

 

・旦那が家事を手伝わない?

 

・旦那が育児を手伝わない?

 

・自分が失敗したこと?

 

・自分の不甲斐なさ?

 

・姑との関係?

 

・仕事での失敗?

 

・仕事場で嫌な人がいる?

 

心あたりありますか?

子育てにイライラするママと全くイライラしないママの違い3つ

2.イライラしたときの解消法

イライラしてしまったら、どうやって解消すれば良いのでしょうか?

我慢する?

 

一呼吸置く?

 

物にあたる?

 

子供にあたる?

 

叩く?

 

怒鳴る?

 

全てがあっています。

子育てにイライラするママと全くイライラしないママの違い3つ

3.イライラの根本を解決する方法




一体何が原因で、イライラしてしまうのでしょうか。

 

いきなり答えを言いますが、実はイライラの原因って自分が持ってい「”枠」というか「思い」なんです。

リフレーミングとは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ることを指す。

元々は家族療法の用語。同じ物事でも、人によって見方や感じ方が異なり、ある角度で見たら長所になり、また短所にもなる。

例えば、試験で残り時間が15分あった場合、悲観的に考えた場合は「もう15分しかない」と思うし、楽観的に考えた場合は「まだ15分もある」と思うであろう。

wikipediaより引用:

長男はいつのまにか、自分で考えずに私を頼ってばかりになりチャレンジを怖がる子供になっていました。

 

仕事が思うようにいかない

 

家事に追われて、

 

余裕がなくなって・・・

 

時には生理でイライラして・・・

 

思うように成長しない子供にイライラして・・・

 

こんなこと言っちゃダメだとわかっているけど、やめられなかった!

 

 

彼が傷つくとわかっていて、余計にヒートアップする自分・・でも、誰にも相談できなかった。

 

 

いや、誰かに相談するという発想すら、思いつかなかった。

 

長男が、チャレンジを怖がったりする原因は、本人の気質も関係しているとは思います。

 

 

だけど、そんな彼に追い打ちをかけるように、私の言葉は、彼のチャレンジする心、自分を信じる心を打ち砕いていた。

 

どんどん自己肯定感が低くなる息子。

 

私の罪は重い。

 

だけど、それに気づいてから、彼のチャレンジ心を折るような言葉を一切やめました。

 

 

失敗を怖がる彼に、「失敗してもいいよ。お母さんは怒らないから。とりあえずやってみなよ」

と言うようにしました。



子育てにイライラするママと全くイライラしないママの違い3つ

 

親勉で論理的に、明確に子育てのゴールを設定できたことで、まだ解消しきれていない育児のモヤモヤがスッキリ、霧が晴れたように解消しました。

 

お子さんに声がけをしていくうちに、お母さん自身の自己肯定感が上がったというケース、多いですが、私もその一人です。

 

あなたが自分で自分をほめてあげられるようになりました。

 

時々失敗しても、がんばってる私、それで100点!

 

誰も見ていなくても、私が自分を認めてあげる!

 

過去は変えられませんが、過去の受け止め方を変えることはできます!

 

過去が変わったら、現在を変えることができます。

 

現在が変わったら、未来も、変わります。

 

これからの時代に必要なのは、人生で何があっても生き抜く力どんなに偏差値の高い学校に行っても、どんなに立派な職業についても、挫折して心が折れたら・・・

 

 

立ち直れなくなったら・・・

 

どうしますか?

 

あなたは、いつまでもお子さんの面倒を見れるわけではありません。

 

普通にいけば、あなたはお子さんより早く死にます。

 

 

子どもには、精神的自立と、経済的自立をさせなければなりません。

 

自立は、大変な思い出もあり作業です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。