お騒がせオバサンの心の声

日々の生活にあるあるリアル情報を発信しています。

お騒がせオバサンの心の声
Pocket
LINEで送る

ママを選んで産まれて良かったと思える日いつかはくるのかしら?

2018年01月02日
Pocket
LINEで送る

毎日毎日赤ちゃんや子どものお世話に追われているママ。

かく言う私もその一人です。

ママを選んで産まれて良かったと思える日いつかはくるのかしら?

「もう!いい加減にしなさいーー!」

 

なんて怒鳴ることも毎日のことです。

しかし、お世話していると思っている我が子ですが、実は、子どもは親の役に立ちたちたくて生まれてきたとも言われています。

 

必然とも言われています。

 

 

そう言われると、その通りなのです。

 

子どもが生まれる前より、負担も増えて自由な時間なんて全然ありません。

 

 

しかし、幸せを感じて楽しい生活を送っています。

 

子どもが本当そう思っているかわかりません・・・

「中間性記憶」とは、前世の終了~ママのお腹に入るまで(受精まで)の間の記憶のことを言います。

 

その中間性記憶を持っている子どもに「なぜ生まれて来たの?」と質問をしてみると、驚くことに大勢の子どもが「人の役に立ちたかった」などと答えるそうですが何とも神秘です。

 

「中間性記憶」は全ての子どもが記憶しているわけではないようですが、中間性記憶を持って生まれる子どもも居るそうです。

 

「子どもの言うことだから」と後回しや、ないがしろにせず、一度じっくり話を聞きたいですね。

ママを選んで産まれて良かったと思える日いつかはくるのかしら?

この出会いはどうなんでしょうか?

6歳児と2歳児のだまったままのにらみ合い!ママどうしも沈黙のにらみ合い∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

その時、6歳児のママは無視しました。

こうなったいきさつ
ある施設でお互いが遊んでいました。

6歳児は磁石遊び。

2歳児は電車で遊んでいました。

6歳児が、電車遊びの場所まで磁石を持ち出し他の子どもたちの通る道をふさいでいました。

他の子は、6歳児が怖くて遠回りして電車遊びの場所から逃げていきました。

さて、2歳児さんだけが残り自分の世界で楽しく電車を動かして遊んでいました。

 

 

ふと、気が付きママのところへ行こうとしました。

が・・・6歳児が前をふさいで通れません。

お互い、じっとにらみ合い。

 

2歳児さんは、何か納得したようでくるっと体の向きをかえ大回りしてママのところへ。
2歳児のママは6歳児のママをにらんだままですが・・(^▽^;)

 

 

2歳児のママはそれを見ていてママ友と「信じられない親だわ!普通、場所を移動しほかの子の邪魔をしていたら注意するでしょう!何なのあの親はヽ(`Д´)ノ」

 

 

6歳児のママは、その声が聞こえていても無視しています。

 

普段からそのような行動をとっているのでしょうか?
不明ですが・・・

 

 

なんとなく、6歳児の顔色をみています。

 

完全に子従関係が、逆転しています。(犬に例えれば6歳児が上ですね。)

最近、このような親子をよく見ます。

 

 

お友達関係のように仲が良いように見えますが、実情は違います。

 

人とかかわることを避けているのか6歳児のママはパパと二人で子どものすることを傍でみていますが友だちに嫌がらせをしても怒ることも、注意することもありませんでした。

 

何故なんでしょう。

 

2歳児のママ友軍団は、あれこれ言っていましたが他人事なので最後は関係ないか・・そのように言い子どもたちとその場を後にしました。

 

確かにこのタイプの親は、何事も根に持つタイプです。
帰るときに、奥で6歳児の親と他の親同士が大声でもめていました\(゜□゜)/

 

その後、どうなったんだろう・・!

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
子どもに、主導権を取られている家庭がもう1軒あります(≧∇≦)

 

おもちゃを、だしてきてはママに片づけさせる。
それも、わざと!

 

何故わかるのか。

 

子どもは人をみます。
私がいくと、だしたおもちゃは箱の中にきちんとおさまります。

 

ママと私の違いは何?!
子どもって本当に素直で面白い。

 

人の顔色を見ています。
様子を伺っています。

 

人の話をよく聞いています。
しゃべれなくても、聞いています。

 

ママを選んで産まれて良かったと思える日いつかはくるのかしら?

 



どうしたらよいのでしょうか?

答えは簡単に目の前にあります。

これも「中間性記憶」なのか・・お互い出会うような仕組みになっているようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。